So-net無料ブログ作成
検索選択

今度はマツオウジが花盛り [きのこ]

150522blog01.jpg
マツオウジ(松旺子)/ Train Wrecker [Neolentinus lepideus]  2015/5/22 神戸市 
 
 この時期日本全国からマツオウジの発生報告がネット上を駆け巡る。まさに松王子である。ありふれたマツ材に発生する白くて巨大なキノコゆえ目立つと言うこともあるのだろう。

 通っていた小中学校は六甲山の中腹にあったのだが、校内、通学路共にキノコは豊富に出ていたものだ。しかしながらこのマツオウジを見かけた記憶は無い。小学生の頃に買ってもらった保育社図鑑の付録のリーフレットに本郷次雄先生が書かれていた記事なのだが、本郷先生の実家の五右衛門風呂の燃料置き場によく鹿の角状のキノコが発生して気味悪く思っていたそうな。これが奇形のマツオウジであったとのことで、マツオウジというキノコを見てみたいものだと思っていたのだが、当時はかなわなかった。適切な時期に適切な場所、この場合は5月中旬以降にマツ材を見て回れば必ず会えたと思うのだが・・・

 出遅れたのか成長しきったものばかり目に付く。今日は幼菌が欲しかったのでオールスルー。

150522blog07.jpg 
 
 ハナショウブ(?)が咲き誇っている。もうじき六甲山はアジサイの時期を迎えるが、私にとっては渋滞するだけの苦痛な季節でもある。アジサイはあまり好きではない花だし、キノコにはあまり縁がなさそうだしね。
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スダジイ林はベロだらけ [きのこ]

150522blog02.JPG
カンゾウタケ(肝臓茸)/ Beefsteak Fungus [Fistulina hepatica]  2015/5/22 神戸市 
 
今年もこいつらの季節がやってきた。スダジイの巨木・老木の森であれば、この時期大抵、目にすることができるだろう。小学生の頃は本で見るたびにどんなキノコだろうかと、想像をめぐらすだけだったのだが、今にして思えば学校の回りに寺社林はいくらでもあったので、この時期そういう目で見て回れば出会えていたのかもしれない。
 
 昭和40年頃、神戸新聞社が出していた「のじぎく文庫」に兵庫県の自然の分冊があったのだが、これにカンゾウタケの記述があったのだ。紹介されていた発生場所は通っていた小学校からそんなに遠くないところではあったが、そのときは結局行くことは無かった。半世紀後にその場所を訪れてみると、カンゾウタケはちゃんと待っていてくれた。
 
150522blog03.JPG
カンゾウタケ(肝臓茸)/ Beefsteak Fungus [Fistulina hepatica]  2015/5/22 神戸市  
 
採り撮り難い処・・・下は崖です。
 
150522blog04.JPG
 

nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:日記・雑感

梅林は草深く 我が心、欲深し [きのこ]

150417blog04c.jpg
ウメハルシメジ(梅春占地)/ [Entoloma sepium]  2015/04/17 神戸市 
 
朝の6時前から花も終わり実が膨らみだした梅林をさまよっている。
70本も無いくらいの小さな梅林だが、下草は相当茂っている。アザミ、ノビル、ギシギシ、イネ科の雑草、あといろいろ・・・凄いところでは40~50cm位の草丈である。しかしながらキノコは地面から発生するので伸びた草を掻き分けないとその発生が確認できないのである。

上の写真の左半分は、梅の根際を見て回っているときに幸運にも大きな個体を見つけた状態のものである。右半分は覆っていた草を掻き分けたところ、さらに2個体を発見したところである。

こういう事情なので、全ての梅ノ木をチェックして回らねばという欲に駆られてしまい、斜面の梅林をあがったり下がったり・・・気がついたら9時を回っていた。3時間も狭い梅林をさまよっていたようである。
 
150417blog03.JPG
ウメハルシメジ(梅春占地)/ [Entoloma sepium]  2015/04/17 神戸市 
 
こいつは大物。今年は春の雨が多いようで、たっぷりと水を吸って成長がよろしいようだ。でも初夏以降のしかも梅林以外の場所でこれが出ていたら絶対に食べないだろうな。
  
150417blog01.JPG
ウラベニガサ(裏紅傘)/deer mushroom [Pluteus cervinus]  2015/04/17 神戸市 
 
春の肉色ヒダのキノコのもう一方の巨頭がこのウラベニガサ系のキノコである。私にはシカタケと言う方が、しっくりする。小学校6年のGWのころだったと思うが、化野念仏寺の裏手の竹やぶで弁当を広げたのだが、すぐそばの朽ちた切り株からこいつが出ているのを見つけた。なかなか端正で傘は絹糸光沢の薄茶色、ヒダは肉色でしっかりと覚えたものである。

英語名でもdeer mushroom、鹿キノコというらしいが、学名のcervinusが鹿という意味で、ここからきているらしい。日本名同じ由来なのだろうか?
 
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

柔らかな春色 [きのこ]

150411blog02.jpg
キクラゲ(木耳)/Jelly Ear [Auricularia auricula-judae]  2015/04/11 神戸市  
  
早朝の山は雨がまだ残っていた。
山のあちこちに濃いピンク色の花を咲かせているのは山桜だろうか。
ピンクの桜と白い辛夷(タムシバかも?)が今は目立っている。

土曜日といえどもこの空模様では毎日登山の出足はかなり少なそうである。
幸い傘が必要になるほどの降りではなくなってきた。
多少降ってもカメラは防水仕様なので問題ないが、iphoneは濡れると困るな。

歩き出すと早々にトガリアミガサが1本、シイタケ3本、それと先週三河方面で目撃されたルスラによく似た奴が多数シイカシの樹下に散生していた。さらに行くと今度は写真の木耳に出会った。

木耳は小学校からの付き合いである。
私の小中学校は阪急御影駅から15分ほど登った六甲山の中腹にあった。当時から周囲に家屋敷はそこそこあったのだが、それでも周囲は山の名残がたくさん残っていたものだ。

そんな環境故、校内にもキノコは結構生えていた。この木耳も図工室横のニワトコ(名札がかかっていたように思う)の枯木に常に出ていたし、焼却炉そばのニセアカシアにはアラゲキクラゲが出ていたのを覚えている。

今日見つけた奴は昨夜の雨をたっぷりと吸ってプルプルと、ほとんど透けそうな柔らかい薄茶色をしていた。
普段見る奴は黒紫かかっていることが多いのだが、こいつは柔らかな春色をまとっていた。

150411blog01.jpg
トガリアミガサタケ(尖網笠茸)/black morel [Morchella conica]  2015/04/11 神戸市
 
若いコニカは透き通っているんだね、今日初めて気が付いた。
成長すると濃いチョコレート色になります。
   

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

春を探して [きのこ]

20150407blog01a.jpg
シイタケ(椎茸)/shiitake [Lentinula edodes]  2015/03/17 神戸市 

長い冬眠から覚めたように、3月中旬から毎週山に入っている。
長年酷使した結果の膝痛を抱える身としては、キノコのハイシーズンを迎える前から慣らし運転を始めておく方が良いという判断で極力出かけるようにしているのだ。
 
毎週同じような場所に出かけているのだが、毎回それなりに新しい発見があるのが楽しい。たとえばこのシイタケなんぞは完全に野生(元は栽培品種かもしれないが)のものなのだが、大都会神戸の裏山にボコボコと出ているのを見つけたりするのだ。

20150407blog02a.jpg
フクロシトネタケ(袋褥茸)/Pig's Ears [Discina perlata]  2015/03/31 神戸市  
 
これも春先のキノコ。パッと見はキクラゲにも似ているが、完全に別物である。しかしながらよく似た場所に発生するので、見間違う向きもいるやも知れぬが、有毒の可能性があるとのことなのでご注意を。

20150407blog03a.JPG
トガリアミガサタケ(尖網笠茸)/black morel [Morchella conica]  2015/04/04 神戸市  
 
欧米で人気の高いキノコである。特にフランス料理の食材として有名。モレル、モリーユと呼ばれる一群のキノコである。春を告げるキノコでまず出てくるのが写真の尖がり帽子、トガリアミガサという種類だ。桜前線と共に発生するのは”普通”のアミガサタケ、細かく見るとマルアミガサとかチャアミガサ、オオトガリアミガサとかいろいろあっていまひとつすっきりとしないグループである。

海外の写真などでは荷車いっぱいに積み上げるほどの収穫を見ることがあるが、今年は日本でも数百本の発生があちこちから報告されているようである。私の場合は残念ながら、今のところささやかな発生にしか出会っていない。

20150407blog04a.jpg
ニオイタチツボスミレ(匂立坪菫)/ [Viola obtusa]  2015/04/04 神戸市  

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

のきのこ(7) ~海外編~ [ややきのこ]

20150102blog07.jpg

海外編

海外でもやっぱり気になる「のきのこ」本。Amazonできてから洋書取り寄せの敷居が下がってもう大変。

上段左から順に

(1)Mushrooms and Other Fungi of North America 「北米の食用キノコとその他のキノコ」
    Roger Phillips著   Firefly Books  2005年(2刷) ハードカバー 319ページ $39.95 A4
イギリスのキノコ名人らしい。この人の名前を冠した図鑑は結構あるようだ。それにしても立派な装丁である。写真は生態写真ではなく標本写真で複数の個体を1枚の写真に並べ、必要に応じて傘裏ヒダのショットや断面が添えられている。これは大変な手間がかかっている。

(2)Mushrooms and other fungi of Great Britain & Europe「イギリスとヨーロッパの食用キノコとその他のキノコ」
    Roger Phillips著   Pan Books  1981年 トレード・ペーパーバック 288ページ £14.99 A4
これもロジャーさんである。イギリスとヨーロッパのキノコ図鑑。全体の構成は北米版とほぼ同じである。現在1ポンドが180円とすれば、現在約2700円というところか。

下段左から

(3)COMPLETE GUIDE TO BRITISH MUSHROOMS & TOADSTOOLS 「イギリスの食用キノコと毒キノコ」
     Paul Sterry 著 Harpercollins 2009年 ペーパーバック   383ページ  £16.99 
イギリス本土、アイルランド、およびシェットランド諸島などの周辺島嶼のキノコを収録。どちらかというと日本の写真図鑑に近い構成である。すなわち生態写真に近いフィールドでの写真で構成されているということ。
キシメジとかシモフリの英名は何とかKnight(騎士?)というのが多い。たとえばネズミシメジ[Tricholoma virgatum]は「Ashen Knight」(灰色の騎士)となる。ミネシメジ[Tricholoma saponaceum]は「Soapy Knight」(石鹸騎士)と呼ばれるのだ。

(4)COMPLETE GUIDE TO IRISH WILDLIFE 「アイルランドのワイルドライフ」
     Paul Sterry 著 Harpercollins 2010年(再版) ペーパーバック   319ページ  £15.99 
アイルランドの動植物をすべて網羅したガイドブックである。うちキノコの記述が約10ページある。動物、鳥類、魚類、爬虫類、両生類、貝類、植物、菌類とアイルランドの野生生物はいこれ1冊でOK的な図鑑である。

(5)ALL THAT THE RAIN PROMISES, AND MORE(A HIP POCKET GUIDE TO WESTRN MUSHROOMS)「北米西部のキノコ」
 DAVID ARORA著    10Speed Press   1990年  ペーパーバック 230ページ  $17.95
アメリカのキノコ関係者は変な人が多いのか、この本も少しばかりおかしい。基本的に日本のポケットキノコ図鑑の体裁をとっているが、挿入されている写真のモデルが異常なノリで少し変である。それにしてもメリケンのキノコ自体異常なものが多くて驚かされる。異常なサイズのアンズタケやアミガサタケ、血だらけキノコやバナナナメクジなんてのも結構グロかったりして。







nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

のきのこ(6) ~番外編~ [ややきのこ]

20150102blog06.jpg

番外編

県名で括れない「のきのこ」本もある。

上段左から順に

(1)森のきのこ      小林路子著                岩崎書店         1996年8月(7刷)
ボタニカル(マイコロジカル)アートというにはあまりにも絵本的な絵。マツタケは私と少しイメージに相違が。ウラベニホテイは凄いね、絹糸光沢といい親指紋もしっかり。

(2)日本のきのこ   今関六也・大谷吉雄・本郷次雄編   山と渓谷社        1988年11月
この図鑑は一番よく見た図鑑かも知れない。製本がバラけ始めているほどに開いている。写真が大きく美しい。
収録数も945種と多いのだ。

(3)里山のキノコ        本田尚子著           幻冬舎ルネッサンス    2012年8月
「森のきのこ」と同じくマイコロジカルアート本。ただしこちらの方が絵本度は高いと思われる。個体差の絵があったり、いわゆる端正な代表選手の個体じゃない絵が多いのが良いと思う。

下段左から

(4)改訂版 都会のキノコ   大舘一夫著           八坂書房          2011年10月
(5)都会のキノコ         大舘一夫著           八坂書房          2004年6月
キノコの基礎からの話を展開。実例やエピソードは都会の中の公園とかの話が多い。改訂版は分類学上の変更が反映されている。

(6)月夜のキノコ       いわむらかずお著         理論社           1996年6月(7刷)
検索サイトで「のきのこ」で検索をかけると必ずヒットする本。
「トガリ山」シリーズは全巻持っているので、知っていたけどね。

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

のきのこ(5) ~西日本編~ [ややきのこ]

20150102blog05.jpg

西日本

ついに西日本という大きな括りでないと、頭数が揃わなくなってきた。関西以西でご当地がゲットできたのは、京都、兵庫、広島熊本だけである。20年くらい前に岡山でご当地きのこ図鑑を見た記憶があるのだが、検索しても出てこない。シイタケ、ササナバの大分、キリノミタケの宮崎なんぞはご当地図鑑があってもいいと思うのだがなぁ。

上段左から順に

(1)京もキノコ一期一絵     高山栄著           京都新聞出版センター    2009年7月
近所で黒トリュフを発見した著者の文章は面白い。大谷先生の「きのこ」もそうだが、同定情報よりもエピソードの方が読んでいて楽しいね。基本半ページの写生図と残りの全スペースでエピソードというか、キノコエッセイが展開される。掲載順は私にはわからない規則で並んでいるようである。70種収録。

(2)京都のきのこ図鑑      吉見昭一・高山栄著    京都新聞社           1990年8月(再版)
これぞキノコ図鑑という体裁。掲載順も系統だっており、子嚢菌→担子菌類、しかも異担子菌→腹菌類→ハラタケ目という順番である。ということはマツタケが図鑑のようやく中盤あたりで出てくるわけだ。ほがかの図鑑だと3分の1以前で出現するのが普通なのだが。461種収録。

(3)兵庫のキノコ         兵庫きのこ研究会編    神戸新聞総合出版センター 2007年12月
兵庫県で見られるキノコを収録。まだまだ見れていない種が多いのに改めて圧倒される。1ページ2種掲載で写真はやや小さめ。245種掲載。並びはオーソドックスである。

下段左から

(4)広島県のキノコ  比婆科学教育振興会・広島きのこ同好会著  中国新聞社    1996年4月(4刷)
アキノアシナガイグチは長い間「秋の」と思っていた。正解は「安芸の」だね。広島県ではいろいろ珍しいキノコがはじめて見つかることが多いようだ。ハードケースつき。並びはオーソドックス。1ページに1種乃至2種掲載。

(5)熊本のきのこ            熊本きのこ会編       熊本日日新聞社    1992年11月
九州からはこれだけのエントリーになってしまった。210種。発生環境(樹種)別のスタイルをとっている。1ページに1種乃至2種掲載。随所に添えられている「きのこ余話」が楽しい。有名なキリノミタケも写真が掲載されている。本郷図鑑では宮崎県とテキサス州オースチン郊外でのみ見られるという記述があったのが記憶に残っているね。





nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

のきのこ(4) ~東海・北陸編~ [ややきのこ]

20150102blog04.jpg

東海・北陸編

残念ながらこの地域では、岐阜、富山、福井、三重の御当地図鑑は見つけることは出来なかった。

上段左から順に
(1)北陸のきのこ図鑑         池田良幸著     橋本確文堂      2005年7月
(2)新版 北陸のきのこ図鑑     池田良幸著     橋本確文堂      2013年7月
(3)追補 北陸のきのこ図鑑     池田良幸著     橋本確文堂      2014年6月

大作3部作である。順に1403種、1524種、447種が収録されているが、もちろん(1)と(2)はかぶっているので、念のため。特徴は図版が手書きであること。これは原色日本菌類図鑑(保育社)と同じく、手書き写生図がメインの図鑑だということ。写真、写生図それぞれにメリットはあるのだが、触れると深いのでこの辺で。

下段左から
(4)静岡のきのこ       静岡木の子の会著     静岡新聞社      1997年7月
これは発生環境(樹種)別にまとめられている。写真は大判もあるが、限られたページ数で収録数を増やすためか1/6ページ程度の写真が多いのが残念。

(5)豊田のきのこ 里山のキノコ図鑑[Ⅰ] 豊田市自然愛護協会編  豊田市環境部自然保全課 2001年3月
(6)豊田のきのこ 里山のキノコ図鑑[Ⅱ] 豊田市自然愛護協会編  豊田市環境部自然保全課 2002年3月
これは珍しくも豊田市発行の御当地キノコ図鑑である。まさか某御大が近所にお住まいというわけでもないだろうが、何で豊田市???という感じである。[Ⅰ]は普通の図鑑の配列で言うとHygrocybeからコルチナまでで、
[Ⅱ]がboletus以降、russulaからヒダナシタケ、子嚢菌を収録している。それにしても、シャカ、ホンシメジ、コウタケ、マツタケ、シモフリやイカタケ、アカイカタケなんかの稀菌も出るとは、豊田市恐るべし。

最後に「岐阜のきのこ」を発見したのでご報告

20150105blog01.jpg

菌友のねぎちゃんの主宰するWebページ(^^)
将来的には御当地図鑑の出版を目論まれているとのこと。先取りで掲載させていただきました。
ありがとうございます。









nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

のきのこ(3) ~関東・甲信越編~ [ややきのこ]

20150102blog03.jpg

関東甲信越

段々ご当地「きのこ」図鑑が無い県が増えてきた。一般的にきのこ利用は北方系文化の産物ではないかと思っている。昼なお暗い照葉樹林帯には似合わないのかもしれないね。

上段左から順に
(1)食べられるキノコ200選   信州キノコの会編   信濃毎日新聞社  2008年10月(4刷)
厳密に言えばルールから外れた題名だが、ご当地図鑑なので勘弁してほしい。発行している新聞社は長野県庁の向かい位の位置にあるが、間のバス道を少し南に下ったバスターミナルの地下一階に蕎麦屋がある。ここのせいろは異常な量の盛りで有名。図鑑の内容は写真は普通サイズ、やや淡白な色合いに見える。コガネシメジ(仮称)が不明菌としてキシメジ科の直後に位置している。掲載200種。

(2)新潟県のきのこ      新潟キノコ同好会著   新潟日報事業社  2010年6月
260種掲載。写真サイズはやや小さめ。真正タマゴタケ(Amanita caesarea)は立派な写真である。これは美味そう。

(3)群馬のきのこ(上巻)  群馬県野生きのこ同好会  上毛新聞社  2001年7月
(4)群馬のきのこ(下巻)  群馬県野生きのこ同好会  上毛新聞社  2002年8月
北海道のキノコに次ぐ、上下2分冊のご当地図鑑である。上巻176種、下巻144種の計320種を収録。順番はオーソドックス。1ページ1種で写真は半ページ分の大きさ。

下段左から
(5)茨城のきのこ 大谷吉雄・伊沢正名・内田正宏・川嶋健市共著  茨城新聞社編 1984年11月
結構古株の図鑑になる。ウスタケは可食表示、でもコガネホウキタケは毒。大谷先生の北隆館「きのこ」は中学生の頃から繰り返し読んでる愛読書。わくわくする文章でカヤタケの項なんぞを読むと鉄鍋持って山でキノコ鍋食いてーと思ったりしたものだ。それから30年後にようやくその夢は実現した。ただし鉄鍋は洋風鉄鍋だったが。

(6)改訂版 山梨のきのこ    柴田尚著      山梨日日新聞社 2002年9月(9刷)
185種掲載。富士山のおひざ元なのでもっと多いのかと思ったが。発生場別(樹種)の構成である。フジウスタケは毒表記、ウスタケは可食表記。1ページ1種で写真は半ページ分。

栃木県とかあると思ったンだけど見つからなかったね。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。