So-net無料ブログ作成

チタケの森 [きのこ]

170726b05.JPG
チチタケ(乳茸)/ Milk cap[Lactarius volemus]  2017/7/26 岡山県 
 
梅雨明け宣言とは裏腹に不安定な空模様が続いている。この山も3日程夕立が降っているようなので、程よい湿り具合である。

これまでは8月になってから訪れていたため、イグチやテングタケの仲間が多く見られるフィールドなのだが、今日はベニタケ属やチチタケ属などのベニタケ科キノコの祭り状態であった。

冒頭の写真のチチタケは幼菌から傘径15cm位になろうかと言うビッグサイズの成菌までそこらじゅうに出ていた。あとはヤブレベニタケ、フタイロベニタケ、アイタケなどがワンサカ・・・もって帰ろうという欲は起きない種ばかり。

かろうじて、イグチ系はミドリニガイグチぽいのが1個体、テングタケ科は残念なタマゴタケを含めで数個体あるのみであった。

結局、売るほど生えていたチチタケ含め、持ち帰りは無し。

今回は先行者が居た。助手席にバタフライトラップらしき白いネットの丸いカゴが下がっていたので蝶屋だろうと思う。林に入ると果たして長柄の捕虫網でコナラやカシワの樹冠にロックオンしている御仁を発見。ゼフィルス狙いと見たが。

170726b02.JPG
タマゴタケ(卵茸)/ Milk cap[Amanita caesareoides]  2017/7/26 岡山県 

 
170726b03.JPG
ハグルマトモエ(歯車巴蛾) [Spirama helicina] 2017/7/26 兵庫県
 
常々思うのだが、蛾の羽根のデザインには全く恐れ入る。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そろそろ夏本番 [きのこ]

170708b01.jpg
ヒメコナカブリツルタケ(姫粉被鶴茸)/Eastern American floury amanita[Amanita farinosa]  2017/7/8 神戸市 
 
昨日に続いて同じフィールドを嫁さんとローラーをかけてきた。その結果昨日は気づかなかったモノがいろいろと見えてきた。上のヒメコナカブリツルタケもその一つで、昨日は1mほど横を通りながら全く気付かなかったキノコである。傘径は4cm程度でかなり小さいのも見過ごした一因ではあるが。
 
170708b05.jpg
ヤマドリタケモドキ(山鳥茸擬)/ summer cep[Boletus reticulatus]  2017/7/8 神戸市 
 
昨日に続きあちこちで小爆発していた。この時期にしては意外に虫入りが少なく、柄がスカスカという個体が少なかったのは嬉しい。
  
170708b04.jpg
ヤマドリタケモドキ(山鳥茸擬)/ summer cep[Boletus reticulatus]  2017/7/7 神戸市 
 
170708b02.jpg
アメリカウラベニイロガワリ(亜米利加裏紅色変)/ red-mouth bolete[Boletus subvelutipes]  2017/7/7 神戸市 
 
アメリカウラベニイロガワリの幼菌。大変綺麗な個体だ。傷つけると瞬時に青く変色するのでぎょっとする。
  
170708b03.jpg
キヒダタケ(黄襞茸)/ [Phylloporus bellus]  2017/7/7 神戸市
  
鮮やかな黄色のヒダが目立つキノコ。有毒種とのこと。
   
170708b06.jpg
 
昨日の続き。完全に傘が開いた成菌となった。
 
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

網タイツ♡ [きのこ]

170707b01.jpg
ヤマドリタケモドキ(山鳥茸擬)/ summer cep[Boletus reticulatus]  2017/7/7 神戸市 

高級食材のポルチーニ一族のキノコである。
本家ポルチーニ(山鳥茸)の学名はBoletus edulisと言い、edulisという種小名は英語ではedible食用という意味である。これに対し、ヤマドリタケモドキの学名はBoletus reticulatusで、この種小名reticulatusとは網目模様のという程の意味だ。
 
成程、太い柄の表面には明瞭な網目模様がレリーフのように浮き出しているのがわかる。この手のイグチ(猪口)には見た目が似ているものが多いが、この網目模様は見分けるための重要な手がかりの一つになる。

例えば次の種も同じように明瞭な網目模様を持っている。

170707b02.jpg
ススケヤマドリタケ(煤山鳥)/ [Boletus hiratukae]  2017/7/7 神戸市 
 
これに対し、柄に網目を持たない例が次のアメリカウラベニイロガワリ(と思われる)だ。
柄に赤く細かいボツボツを密に散らしている。食用、美味しい。
  
170707b03.jpg
アメリカウラベニイロガワリ(亜米利加裏紅色変)/ red-mouth bolete[Boletus subvelutipes]  2017/7/7 神戸市 
 
170707b04.JPG
 

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

アマニタ爆発中 [きのこ]

170701b06.jpg
テングタケ属 [Amanita sp.]  2017/7/1 神戸市 
 
三週間の空梅雨続きの毎日だったけど、6月も終わろうかというタイミングでようやく梅雨らしい天候が続くようになってきた。しっかりとした降雨のお陰で野山ではテングタケの仲間やイグチが一斉に出始めているようだ。
 
上の写真もテングタケの一族(Amanita/アマニタ)、ツルタケ類似のキノコである。真正ツルタケはさらっとした柄で、このようなおどろおどろしいだんだら模様は無いのである。

170701b05.jpg
テングタケ属 [Amanita sp.]  2017/7/1 神戸市 
 
こいつもツルタケ類似のキノコだが、不明瞭なツボを持ち傘に被膜片を残しているので天狗鶴茸の線が強いのではないだろうか。
  
170701b04.jpg
テングタケ属 [Amanita sp.]  2017/7/1 神戸市 
 
こいつらは多分ヘビキノコモドキではないだろうか。
 
170701b02.jpg
キタマゴタケ(黄卵茸)/Javan Slender Caesar [Amanita javanica]  2017/7/1 神戸市 

黄卵茸も幾つかあるシロのうち1カ所に出ていた。
 
170701b01.jpg
キタマゴタケ(黄卵茸)/Javan Slender Caesar [Amanita javanica]  2017/7/1 神戸市 
 

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。