So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

チタケの森 [きのこ]

170726b05.JPG
チチタケ(乳茸)/ Milk cap[Lactarius volemus]  2017/7/26 岡山県 
 
梅雨明け宣言とは裏腹に不安定な空模様が続いている。この山も3日程夕立が降っているようなので、程よい湿り具合である。

これまでは8月になってから訪れていたため、イグチやテングタケの仲間が多く見られるフィールドなのだが、今日はベニタケ属やチチタケ属などのベニタケ科キノコの祭り状態であった。

冒頭の写真のチチタケは幼菌から傘径15cm位になろうかと言うビッグサイズの成菌までそこらじゅうに出ていた。あとはヤブレベニタケ、フタイロベニタケ、アイタケなどがワンサカ・・・もって帰ろうという欲は起きない種ばかり。

かろうじて、イグチ系はミドリニガイグチぽいのが1個体、テングタケ科は残念なタマゴタケを含めで数個体あるのみであった。

結局、売るほど生えていたチチタケ含め、持ち帰りは無し。

今回は先行者が居た。助手席にバタフライトラップらしき白いネットの丸いカゴが下がっていたので蝶屋だろうと思う。林に入ると果たして長柄の捕虫網でコナラやカシワの樹冠にロックオンしている御仁を発見。ゼフィルス狙いと見たが。

170726b02.JPG
タマゴタケ(卵茸)/ Milk cap[Amanita caesareoides]  2017/7/26 岡山県 

 
170726b03.JPG
ハグルマトモエ(歯車巴蛾) [Spirama helicina] 2017/7/26 兵庫県
 
常々思うのだが、蛾の羽根のデザインには全く恐れ入る。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

そろそろ夏本番 [きのこ]

170708b01.jpg
ヒメコナカブリツルタケ(姫粉被鶴茸)/Eastern American floury amanita[Amanita farinosa]  2017/7/8 神戸市 
 
昨日に続いて同じフィールドを嫁さんとローラーをかけてきた。その結果昨日は気づかなかったモノがいろいろと見えてきた。上のヒメコナカブリツルタケもその一つで、昨日は1mほど横を通りながら全く気付かなかったキノコである。傘径は4cm程度でかなり小さいのも見過ごした一因ではあるが。
 
170708b05.jpg
ヤマドリタケモドキ(山鳥茸擬)/ summer cep[Boletus reticulatus]  2017/7/8 神戸市 
 
昨日に続きあちこちで小爆発していた。この時期にしては意外に虫入りが少なく、柄がスカスカという個体が少なかったのは嬉しい。
  
170708b04.jpg
ヤマドリタケモドキ(山鳥茸擬)/ summer cep[Boletus reticulatus]  2017/7/7 神戸市 
 
170708b02.jpg
アメリカウラベニイロガワリ(亜米利加裏紅色変)/ red-mouth bolete[Boletus subvelutipes]  2017/7/7 神戸市 
 
アメリカウラベニイロガワリの幼菌。大変綺麗な個体だ。傷つけると瞬時に青く変色するのでぎょっとする。
  
170708b03.jpg
キヒダタケ(黄襞茸)/ [Phylloporus bellus]  2017/7/7 神戸市
  
鮮やかな黄色のヒダが目立つキノコ。有毒種とのこと。
   
170708b06.jpg
 
昨日の続き。完全に傘が開いた成菌となった。
 
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

網タイツ♡ [きのこ]

170707b01.jpg
ヤマドリタケモドキ(山鳥茸擬)/ summer cep[Boletus reticulatus]  2017/7/7 神戸市 

高級食材のポルチーニ一族のキノコである。
本家ポルチーニ(山鳥茸)の学名はBoletus edulisと言い、edulisという種小名は英語ではedible食用という意味である。これに対し、ヤマドリタケモドキの学名はBoletus reticulatusで、この種小名reticulatusとは網目模様のという程の意味だ。
 
成程、太い柄の表面には明瞭な網目模様がレリーフのように浮き出しているのがわかる。この手のイグチ(猪口)には見た目が似ているものが多いが、この網目模様は見分けるための重要な手がかりの一つになる。

例えば次の種も同じように明瞭な網目模様を持っている。

170707b02.jpg
ススケヤマドリタケ(煤山鳥)/ [Boletus hiratukae]  2017/7/7 神戸市 
 
これに対し、柄に網目を持たない例が次のアメリカウラベニイロガワリ(と思われる)だ。
柄に赤く細かいボツボツを密に散らしている。食用、美味しい。
  
170707b03.jpg
アメリカウラベニイロガワリ(亜米利加裏紅色変)/ red-mouth bolete[Boletus subvelutipes]  2017/7/7 神戸市 
 
170707b04.JPG
 

nice!(0)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

アマニタ爆発中 [きのこ]

170701b06.jpg
テングタケ属 [Amanita sp.]  2017/7/1 神戸市 
 
三週間の空梅雨続きの毎日だったけど、6月も終わろうかというタイミングでようやく梅雨らしい天候が続くようになってきた。しっかりとした降雨のお陰で野山ではテングタケの仲間やイグチが一斉に出始めているようだ。
 
上の写真もテングタケの一族(Amanita/アマニタ)、ツルタケ類似のキノコである。真正ツルタケはさらっとした柄で、このようなおどろおどろしいだんだら模様は無いのである。

170701b05.jpg
テングタケ属 [Amanita sp.]  2017/7/1 神戸市 
 
こいつもツルタケ類似のキノコだが、不明瞭なツボを持ち傘に被膜片を残しているので天狗鶴茸の線が強いのではないだろうか。
  
170701b04.jpg
テングタケ属 [Amanita sp.]  2017/7/1 神戸市 
 
こいつらは多分ヘビキノコモドキではないだろうか。
 
170701b02.jpg
キタマゴタケ(黄卵茸)/Javan Slender Caesar [Amanita javanica]  2017/7/1 神戸市 

黄卵茸も幾つかあるシロのうち1カ所に出ていた。
 
170701b01.jpg
キタマゴタケ(黄卵茸)/Javan Slender Caesar [Amanita javanica]  2017/7/1 神戸市 
 

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

カンゾウタケ [きのこ]

170530b01.jpg
カンゾウタケ(肝臓茸)/ Beefsteak Fungus [Fistulina hepatica]  2017/5/30 神戸市 
 
 5月の少雨の影響で、地面はカラカラだ。
しかしながら樹上生もしくは材上のキノコは結構出ているようである。

 ここにきてカンゾウタケもマツオウジもあちこちで出ているのが確認できるようになってきた。
例年はGWあたりからぽつぽつ出始めて、5月の中旬がピークの時期であったろうか。
今年は少々遅れているように思う。

しかし、カンゾウタケを見るにつけ、名前とは裏腹に、こいつはベロだと思う。
形状と言い、色と言いベロそのものであり、よく見ると味蕾にそっくりなブツブツまで見て取れる。

太いスダジイの老木の根際、時には手の届かぬ高さの樹上に生え出るキノコである。
新鮮なうちはピンクがかった紅色で、老成すると退色したレンガ色となる。

若いうちは食用になり、繊維に沿って切断すると霜降りの入った牛肉様の切断面となる。
しかも肉汁(血液)そっくりな赤い汁まで出てくるからびっくりだ。

生食できるキノコと言われるが、やはり野生のキノコは熱は通しておきたい。
さっと湯がいて薄切りにしてわさび醤油で食べるとしこしことした食感で、少し酸味を感じる。
昔読んだ本では、フランスでは生のまま薄切りにして、サラダに入れるとの記述があった。

170530b03.jpg
 
 
170530b04.jpg
 

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

2017初夏 [きのこ]

170514b06.jpg
キクラゲ(木耳)/ Jelly Ear [Auricularia auricula-judae]  2017/5/14 神戸市
 
前日に久しぶりのまとまった雨が降ったので山へ行ってみた。昨日降ったからと言って、翌日ソッコーでぼこぼjこ出るとは限らないのではあるが。

ラインナップは例年通りと言いたいところだが、白くて遠目にも目立つマツオウジと、こちらは地味なハタケシメジの姿が見えなかった。それでもキクラゲはあちこちで見かけるし、幹から生えたベロ風のカンゾウタケ、この時期端正キノコ代表のナカグロモリノカサなどに出会えて楽しい。
 
草地で伸び始めた草に隠れるように群生していた赤くて可憐なキノコを発見。一見してハイグロサイブの仲間だとわかるが、紅色~朱色の傘を持つ蝋細工のようなキノコは多いのである。
まあ、傘に粘性があったので多分ヒイロガサなのであろう。あくまで絵合わせレベルの話ではあるが。

170514b03.jpg
ナカグロモリノカサ(中黒森の傘)/ inky mushroom [Agaricus moelleri ]  2017/5/14 神戸市
 
 
170514b04.jpg
ヒイロガサ(緋色傘)/ Scarlet Waxy Cap [Hygrocybe punicea]  2017/5/14 神戸市

nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感

モレル本 [きのこ]

170405f01.jpg
 
 かの国ではモレルで一冊の本が成立する。モレルを主題にしたクックブックすら存在している。
さすがに遥か古から好まれ、利用されてきたキノコだという感じ。

170405f02.jpg
トガリアミガサタケ(尖網笠茸)/ morel [Morchella conica]  2017/04/05 神戸市

 

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

11月の花猪口 [きのこ]

161112blog01.jpg
ハナイグチ(花猪口)/ larch bolete [Suillus grevillei]  2016/11/12 兵庫県 
 
関西の都市近郊の紅葉は今日が見ごろと散々テレビでやったせいか、早朝にも関わらず中国道宝塚トンネル辺りから7kmの渋滞に嵌まってしまった。それでも2つ目のトンネル辺りからは何とか流れ出したようである。

今年は全国的にキノコカレンダーは遅れているというのが大方の見方のようである。
毎年観察しているこの花猪口だが、これまでは文化の日以降はあまり見た記憶がないのだが、今年は10日後の今日でも20本程度の発生を確認できた。

161112blog02.jpg
 
 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ホンシメジ三昧 [きのこ]

161103blog07.jpg
ホンシメジ(本占地)/ [Lyophyllum shimeji]  2016/11/1 長野県

朝方まで雨が残っていたようだが、昼前には陽が射しだす天気となった。
山の湿り具合は良好。

シロを順に巡っていくが、シモコシ×、ハナイグチ○、シモフリシメジ×などどちらかというと
負け越しの状態でマツタケ尾根に到着。

フォトジェニックでないキノコはそこそこ出ている。
ヒノキ林を下り、赤松の尾根に出る。

尾根の両サイドにマツタケの菌影を探すが、気配もない様だ。
マツタケモドキ、ショウゲンジ、ケロウジ、それに綺麗な鮮黄色のカベンタケ(モドキ?)の群落。

尾根をずんずん下ると、写真の育ちすぎたシャカシメジ様の株があった。
少し掘り下げてみると、これはホンシメジだね(^^)
周囲を見渡すと同じような株がほかに2つと尾根筋の赤松根際に成菌らしき株が5つ(^^)

マツタケ、クロカワはダメだったがこれならオッケーかな?

161103blog10.jpg
ホンシメジ(本占地)/ [Lyophyllum shimeji]  2016/11/1 長野県
 
 
161103blog11.jpg
ホンシメジ(本占地)/ [Lyophyllum shimeji]  2016/11/1 長野県
 

161103blog12.jpg
大黒本しめじ 2016/10/30 兵庫県(スーパーで購入)
 
前の週にこの栽培ホンシメジ(タカラバイオ)をホイル焼きで食べていたので、今回同じように
天然ものでやってみた。

苦労してとってきた思い入れの分を差し引いても、やはり、旨味の質が違うように思う。

nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

梅雨明けを待ちながら [きのこ]

160716blog01.JPG
チチタケ(乳茸)/ [Lactarius volemus]  2016/7/16 神戸市 

色がかなり薄いのでチョウジチチタケなど親戚筋の可能性もある。乳の滲出や味などは確かめていない。
 
160716blog02.JPG
ガンタケ(雁茸)/Blusher [Amanita rubescens]  2016/7/16 神戸市 

小型のガンタケなのかなと思う。全体的に赤みを帯びていた。英語通名のBlusherというのも、まんまな感じでなかなか良いのではないか。
 
160716blog03.JPG
ヤグラタケ(櫓茸)/Powdery Piggyback [Nyctalis lycoperdoides]  2016/7/16 神戸市 
 
梅雨明け近くから、くたびれたベニタケの上に生えるキノコである。傘の上の黄粉のようなものは厚膜胞子と呼ばれる胞子である。ヒダに形成される胞子とは違い、散布を目的とした胞子ではないとのことである。
 
160716blog06.JPG
アメリカウラベニイロガワリ(亜米利加裏紅色変)/red-mouth bolete [Boletus subvelutipes]  2016/7/16 神戸市 
 
こいつを六甲で初めて見たときは絶対に毒だと思った。チョコレート色のビロードっぽい傘を裏返すと鮮やかなオレンジ色のスポンジで、しかも傷つくと瞬時にブルーブラックのインクの色に染まるからだ。しかし食用で温和な味との記述があり、実際にそうだった。しかし見た目がナニなので、本に書いてある通り、ブラウンシチューなどの煮込みに使った方が吉のようである。

nice!(0)  コメント(3) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。